名士のシーズン、エキゾチック防具調整内容まとめ
スポンサーリンク

ハンター

  • 暗殺者のフード
    • 不可視性と回復効果は、チャージした近接スキル(PVEの敵とガーディアンの両方に対して)またはフィニッシャーで発動する。
    • 不可視性の発動時間は、倒した敵のランクに基づいて長くなる。
    • アークポーのキルでは発動しなくなる。
  • フロスト EE5
    • 他のクラスのスキルエネルギー生成パークとは累積しなくなる。
  • ケプリ・スティング
    • 全ての煙玉のダメージを150%増加させる。
  • オルフェウス・リグ
    • 一度のシャドウショットで回復できるスーパースキル量が最大で50%になる。
  • ヤング・アハンカーラの背骨
    • トリップマインの爆発範囲が14%拡大する。

タイタン

  • アシェン・ウェイク
    • フュージョングレネードで敵を倒すと、グレネードエネルギーが回復するようになりました。回復するエネルギーの量は、倒した敵のランクに基づいて増減する。
  • アンタイオス・ウォード
    • スライディング中に生成されたシールドは、少量のダメージも通さなくなる。
  • 死の牙の肩甲
    • スーパースキル発動中に近接キルを達成するとスーパーエネルギーが回復することがあるバグを修正。
  • 砂漠を歩む者
    • 静電荷攻撃の半径を12mから20mに拡大
  • Mk. 44 スタンド・アサイド
    • ダッシュ開始から2つ目のシールドが生成されるまでの時間を1.25秒から0.5秒に短縮。
  • 片目のマスク
    • このエキゾチックの標的マーキング効果は標的ハイライトに変わり、壁の裏側の標的を検出することはできなくなる。
    • マークした標的を倒してもダメージボーナスは付与されなくなる。
    • マークした標的を倒すと2つ目のシールドが付与される効果が復活し、持続時間は以前の8秒から6秒に短縮。
  • 断絶の囲い
    • 爆発は、チャージした近接スキル(PVEの敵とガーディアンの両方に対して)またはフィニッシャーで発動するようになる。
    • 爆発の半径とダメージは、倒した敵のランクに基づいて拡大・増加。
スポンサーリンク

ウォーロック

  • 神格化のベール
    • +16以上の知性でのドロップが保証される。
  • コントラバース・ホールド
    • このエキゾチックによって付与されるダメージ減少を40%から20%に変更。
  • サンギン・アルケミー
    • 新しいパーク「血の魔法」発動中は、リフトの中から武器によるキルを達成するとカウントダウンタイマーが一時停止し、リフトの持続時間を延長する。
  • 蛇属性
    • 近接スキルのクールダウン中も、ウォーロックの全ての近接攻撃の突進距離が長くなる。
  • ベリティ・ブラウ
    • 1スタックあたりのグレネードダメージが10%増加。
    • グレネードを使うと、味方のグレネードのチャージ速度が向上。
    • テキスト通知を表示し、現在何人の仲間がこのチャージ速度向上の恩恵を受けているかが分かるようになる。
スポンサーリンク
おすすめの記事