厳選すべきアンブラル収束武器3選(マウス&キーボード/コントローラー)

今シーズンは、プリズム・リキャスターでアンブラルエングラムを収束し、狙いの武器を厳選しやすくなっています。
この方法は今シーズン限りと思われますので、今シーズン中に厳選しておきたい武器3選とおすすめパークについての紹介記事です。
※マウス&キーボード、コントローラー使用者でおすすめパークを分けて紹介しています。

スポンサーリンク

ギロチン

高火力の剣。
ストライク、ギャンビット、ダンジョンなどあらゆるPVEアクティビティにおいて役に立つ武器となりますので、是非厳選しておきたいです。

PVE

おすすめのパーク構成は↓です。
(画像クリックで拡大します)

無慈悲な攻撃/大嵐の刃が鉄板の組み合わせです。
無慈悲な攻撃による剣の使用回数アップと大嵐の刃による大幅火力アップが見込める構成になります。

さらに、ギザギザの刃によってさらなる攻撃力アップ、剣士のガードによってより頻繁に大攻撃ができるようになるので、できればつけておきたいパークです。

冷酷な拒絶

高威力のパルスライフル。
2トリガーで敵をキルでき、厳選もしやすいことからPVPで使用率が伸びている武器です。

PVP

おすすめのパーク構成は↓です。
(画像クリックで拡大します)

 

・マウス&キーボード
マウス&キーボードは反動制御がしやすいので、射程を伸ばすパークを最優先にします。
そのため、鉄槌ライフリング、大口径弾によって射程距離を伸ばします。
(大口径弾で敵の射撃時のぶれを大きくすることで撃ち合いに強くする効果も付与します)

連続キルの風と容赦なしの組み合わせで積極的に複数キルを狙える構成としています。
キル毎に連続キルの風の効果で射程、ハンドリング、可動性が上昇し、
連続2キル達成時には体力が回復するので、連続戦闘に強く、大量キルが狙えます。

・コントローラー
コントローラーは反動制御が難しくなるので、安定性と射程を伸ばす構成にします。
そのため、搭載型補正器、跳飛弾で安定性と射程を伸ばします。

スポンサーリンク

ノーウィングハンガー

順応フレームのオートライフル。
リコイル制御がしやすく、その他の基礎ステータスも優秀であることからPVP/PVEともに強い武器です。

PVE

おすすめのパーク構成は↓です。
(画像クリックで拡大します)

・マウス&キーボード
マウス&キーボードは反動制御がしやすいので、射程を伸ばすパークを最優先にします。
そのため、鉄槌ライフリング、高精度弾によって射程距離を伸ばします。

敵をキルする度に武器の威力が増す暴れん坊とキルする度にマガジンの弾薬が回復するサブシステンスは相性が良く
大量敵が押し寄せる場面でかなりの殲滅力を発揮します。

※サブシステンスは所持弾薬が少なくなることからあまり好まない方もいらっしゃると思います。
そういった方々は、トリガータップと複数のキルクリップの組み合わせが無難かと思います。

・コントローラー
コントローラーは反動制御が難しくなるので、安定性と射程を伸ばす構成にします。
そのため、矢の制御、戦略的マガジンで安定性と反動方向のステータスを強化します。

PVP

おすすめのパーク構成は↓です。
(画像クリックで拡大します)

・マウス&キーボード
この武器はもともと安定性が高く取り扱いやすい武器ではありますが、トリガータップによる集弾性強化でさらに扱いやすくなります。
また、キルクリップ発動時はヘッドショット34ダメージとなり、かなり強力です。

・コントローラー
コントローラーは反動制御が難しくなるので、安定性と射程を伸ばす構成にします。
そのため、矢の制御、戦略的マガジンで安定性と反動方向のステータスを強化します。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事